5G時代に有利な二世帯住宅

二世帯住宅を建てた時、親世代にいろいろなことを頼めるため、子世帯にとってメリットが大きいと考えられます。しかし、親世帯にとってもいいことはたくさんあります。例えば、パソコンや最新家電の扱いが分からない時、子供や孫に使い方を聞けます。5G時代が到来する現在は、IT系の知識がないと暮らしにくくなるため、ITへの理解が深い世代と同居するメリットは大きいでしょう。また親世帯が高齢になった時、子世帯から様々なサポートを受けることができます。介護の手続きを代行してくれたり、入院の手続きをしてくれるなど、心強いことは多いでしょう。子世帯の中に専業主婦や主夫がいる場合は、介護をしてくれる可能性もあります。また子世帯と日常的に会話をすることで、自分たちでは知りえないような刺激的な話題を聞くことができ、痴呆のリスクが少なくなるかもしれません。このように二世帯住宅を建てることは、親世代にとってもメリットが大きいでしょう。