汚れが目立たない外観で良かった

私は熊本市のハウスメーカーで新築一戸建てを建てる時に、ちょっとした夢を持っていました。それはなんといっても、白い家の外観にしたかったということです。白い家というのは。女性の憧れですね。どの女性も一度は、白い家に住みたいと言う、そんな気持ちがあるのではないかと思っています。そのことから、自分が作るときにそのことを達成させたいと思っていました。

 

しかし家族に、全く反対されてしまったのです。家族は白い家は、なんとなく落ち着かないのでもう少し黒っぽい家にして欲しいということでした。落ち着かないというのは、汚れるのではないかということですね。

 

確かに雨が降ると、外観が汚れている家がありますね。その事を持って、泣く泣くグレーの外観とすることにしました。そして今は、そのような色にしたことをとてもよかったと思っています。もしもあのまま白い外観にしていたら、多分維持費が大変だったと思うからです。
グレーは、主人の案でしたがそのように意見を言ってくれたことに感謝しています。