動線に注意したい二世帯住宅

二世帯住宅を建てて、二世帯が同居をするときに注意したいのが、お互いがお互いの生活を干渉しすぎるという点です。互いのプライバシーを尊重し、一緒に暮らしているけれど、会いたくない時は会わなくて済むような、家づくりを心がけましょう。そのために「動線」には注意が必要です。例えば、二階建ての二世帯住宅を建てる場合、二階に子世帯、一階に親世帯が暮らすケースが多いと思います。この時、入り口を一階の中央に作ってしまい、親の家の真ん中を通らないと二階に上がれないような間取りにしてしまうのは問題です。子世帯は家に入るたびに親世帯にあいさつをしなければならなくなるかもしれません。また子世帯が会社から帰ってくるのが遅いと、親は物音がして目が覚めてしまうかもしれません。このような小さなストレスが積み重なると、大きなトラブルに発展するかもしれません。そこで、玄関を建物の外に作り、子世帯が家に入る時に、親の家の中を通らないような間取りにすると住みやすくなります。会いたい時には会えるけれど、会わなくて済む家づくりをしましょう。